「マッチングアプリで女の子に会っても恋愛関係になれずに友達止まりで終わってしまう」

「どうすれば彼女になってもらえるんだろう」

 

せっかく女の子とデートしても、楽しくデートしただけでは恋愛関係にはなれないですよね。

 

どうすれば恋愛関係になれるのか。その方法を解説していきます。

マッチングアプリで100人以上と恋愛関係になり、1日で女の子を口説く僕が解説していきます。

 

マッチングアプリで会っても友達止まりになってしまう理由

女の子と恋愛関係になれない理由は、異性としての魅力を感じないからです。

 

女の子的にはあなたとデートをして「いい人だけど、彼氏にしたいタイプではない」と思われてしまったんですね。

 

とくにマッチングアプリでの出会いは、初対面なわけですから、1回のデートでしっかり魅力を伝えられなければ、2回目のデートはもうないんです。

 

なぜならば、1回目のデートで魅力を感じなければ、「彼氏としてはないな!」と判断されてしまい、わざわざもう1度会おうとは思わないからです。

 

女の子にとってデートって男の品定めみたいなものなんですよね。

 

その品定めで、「この人は無し!」と判断を下されてしまえば、もう次のデートはないんです。

 

たとえばあなたも、初対面で会った子がぜんぜんタイプじゃなかったら、わざわざお金と時間を使ってまで、2回目のデートをしようとは思いませんよね。

 

僕はなんど1回目のデート以降、音信不通にされたことか、、、。

 

だから1回のデートでは、「ただのいい人の友達止まり」ではなく、「もう1度会ってみたい人」と思わせなくてはなりません。

友達止まりになる男の特徴

では、友達止まりになってしまう人とは、どのような特徴があるんでしょうか。

 

これから解説する特徴はぜんぶ関連性がありますので、本質的です。

 

とくに女の子が魅力を感じない人に共通する傾向であり、逆のことをしている人はほんとモテています。

 

では、どんな特徴なのかというと4つあります。

 

魅力を感じない男の特徴

  • 口が上手くない
  • 押しが弱い
  • 自信がない
  • 主導権が握れない

ほんとにこの4つは今日から意識していきましょう。

口が上手くない

口の上手い人は女の子に言い訳を与え、スムーズに自分の要求へと導く上手さがあります。

 

つまり会話をエスコートし、引っ張っていくのが口の上手さだといえますね。

 

たとえばお酒飲ませたいなら、女の子が「お肉が食べたい!」と言ってきたら、「もうすぐ夏だし、今肉はマズイでしょ!だから軽く飲み行こう」みたいに適切な切り返しができたり、誤魔化すこと上手いです。

 

口の上手さは多少のズル賢さや、誤魔化しができる度胸も必要かなと思いますが、モテるダメ男なんてみんな口が上手いですよね。

 

だから「あんな奴止めときなよ!」と言われても、離れらない女の子がいるんですよね。

 

誤魔化しや騙して相手を不幸にさせるのは最低ですが、損を与えない口の上手さは最強ですね。

押しが弱い

言いたいことが言えない優しい人だと、女の子を動かしたくても動かしきれないことが多々あります。

 

たとえばホテルへ誘ったとして、「ホテルは無理!!」と断られたら、きっと優しい人だと「そうだよね、、、」と諦めてしまうはずです。

 

押しの強さがあれば、その説得力によって、女の子の鉄壁のガードをぶち破って、自分の要求をのみ込ませることができます。

 

モテる人がなぜモテるのかと言えば、自分の要求を女の子に伝え、女の子を動かしているからモテているわけですね。

 

たとえば連絡先を聞き出す、デートに付き合わせる、ホテルに着いてこさせる、自分に好きにさせるなど。

 

言いたいことが言えない優しい男は、逆で女の子の要求に答えてしまっているのです。

 

押しとは要求です。そして要求を説得させる説得力が必要です。

 

口の上手さにも関連しますが、まずは要求しなければ押しにはなりません。

自信がない

どんなに要求しても、説得しても、口が上手くても、そもそも自信がなければ相手を動かす力はありません。

 

なぜなら自信のない男の言葉は女の子の心に響かないからです。

僕は美人ってだけで怖気づいて勝手に自信をなくしていました。

 

自信がないなら、できることは自信があるように振る舞うことです。もうはじめはそれしかありません。

 

ハッタリでもいいので、自信があるように振る舞っていれば、多少なりとも女の子は動かせますので、その積み重ねによって本物の自信をつけていけばいいんです。

 

自信があるように振る舞うのも、誤魔化す力ですので、どちらも身に付けていけばいいです。

 

 

「具体的に自信があるようにするってどうすればいいの?」とおもわれるかもしれませんが、こちらを意識すると大分、自信があるようにみえます。

 

自信を表す5つの振る舞い

  • 早口にならないでゆっくり話す
  • ボソボソと喋らずハッキリ大きく話す
  • バタバタと動かないでゆっくり動く
  • 猫背にならないで胸を張る
  • 目を逸らさずアイコンタクトで話す

どれもすぐ意識すればできることなので、日頃から意識していきましょう。

ちなみに過去の僕は上記5つぜんぶできてませんでした。

 

主導権が握れない

主導権が握れないのも優しい男や、自信がない男に多い傾向ですね。

 

とくに主導権が握れない理由に、相手に気を遣ってしまうことが挙げられます。

 

たとえば「相手に嫌われたくないから」ということで、相手の言いなりのようになってしまう感じです。それでは女の子を引っ張ることなどできません。

 

主導権を握るには女の子を引っ張っていかなくてはならなくて、女の子が自分に合わせて動く状態が主導権を握っています。

 

つまり相手に気を遣わせる構図ですね。

 

主導権が握れるようになるには、主導権を握る習慣を作っていくといいと思います。

 

たとえば小さなお願いをして女の子を動かすことを意識してみるとかです。そもそも、主導権を握るには、相手に「価値提供」をしなくてはなりません。

 

なぜなら、極端な言い方をすれば主導権って自分に従わせることなので、相手が自分に従うのって、それによって価値があるからですよね。

 

この人のいうこと聞いとけばメリット(価値)があると思うから従うわけで、主導権を握るには価値提供をすることが必要なのです。

 

たとえば、女の子の聞きたいことを聞き出すには、話して楽しい価値とか、あなたに価値を感じて嫌われたくない、好かれたいとか、あなたと居る時間に価値を感じるからかもしれません。

 

結局は主導権を握るには魅力的な価値が必要であり、その価値を作りだすにも口の上手さや、押しの強さ、自信などが必要になるんですね。

 

【まとめ】友達止まりから脱却できる

友達止まりになる人の特徴について解説してきましたが、友達止まりから脱却する方法は要求することからです。

 

あなたは、目の前の女の子と恋愛がしたいんだから、一歩前に進む要求をすることが必要なんです。

 

たとえば、もっと相手のことを教えてほしい、もっと近くにいきたい、手を繋ぎたい、もっと一緒に居たい、今日はずっと一緒に居たいなど要求していきましょう。

 

今の関係性を乗り越える必要がありますので、乗り越えるためには、今よりもっと距離の近い行動をしなければなりません。

 

その行動を相手に要求するんです。

 

友達止まりで終わってしまう人のほとんどが、要求することを怖がって何も行動していないからです。だから今のまま友達止まりで終わっているんです。

 

せっかくマッチングアプリで出会ったステキな子も、何も発展のない相手とはもう会うことはしません。

 

何もしなければ会えなくなるなら、怖くても要求する方が恋愛関係になる可能性があるってことです。

 

だから次からは要求していきましょう。