「ナンパに憧れるけど怖くて声かけられない、、、。」

 

僕が初めてナンパに挑戦したときは、女の子に声かけることが怖くて仕方ありませんでした。

 

女の子をナンパして即日セックスすることに憧れ、ナンパがしたくて街に繰り出したものの、女の子に声かけることって始めはマジで怖いんですよね。

 

僕はナンパを始めた頃、女の子に近づいてもビビって声かけられなくて何時間もずっと歩き周ってばかりでした。

 

タイプの女の子とすれ違えば「声かけたい、、、」と思ってUターンするけど、女の子に近づくとビビってしまう。

 

または「周囲の人に見られるんじゃないか?」と思えば、失敗するところを見られるのが怖くて声かけられない。

 

けっきょく声かけることなく何時間も街を歩き続けて、自宅に帰ってばかりでした。

 

声かけられない自分に絶望ばかり感じていたんです。

 

そんな僕もナンパ地蔵を克服して、タイプの女の子と出会いが量産できるようになりました。その結果、これまでにタイプの女の子を何十人も抱いてきました。

 

超絶非モテのコミュ症だった僕が地蔵を克服した方法をお伝えしようと思います。

ナンパ地蔵はなかなか克服できない

僕の経験上、ナンパ地蔵は声のかけ方や、ナンパのやり方がわかっても克服できません。

 

僕はナンパができるようになりたくて、あらゆるナンパ商材やnoteを読みあさってきました。それによって声かけの仕方や、ナンパのトークなどを学んできました。

 

しかし、ナンパのやり方がわかったところで声かけることはできなかったんです。

 

なぜなら声かけができないのは自分自身の問題だからです。「こうすれば地蔵は克服できる!」って方法はないです。

 

というか、地蔵を克服する方法は人によって違うと思います。だから人によっては数日~数年と地蔵が続いてしまうですよね、、、。

 

「じゃあどーすればいいんだよ!」ということですが、女の子とまともに会話すらできなかった僕がナンパできた方法を解説していきます。

 

ナンパ地蔵を克服するには

一番手っ取り早く地蔵を克服するならナンパ講習に行くことだと思っています。(僕はいきませんでしたが)

 

ナンパ講習ならナンパ講師が座学から、じっさいに現場でナンパのやり方を教えてくれますし、声かける女の子を指名して声かけをやらざる得ない状況になりますよね。

 

それに、どこをどうすれば良かったのか指導してくれるので、上手くいけばその日の内にナンパが成功することもあります。

 

やっぱりやらざる得ない状況を作り出して声かければ地蔵から抜け出せます。

 

ちなみに僕が地蔵を克服できたのは、モチベーションを極限にまで持ち上げたからです。

 

 

どういうことかと言えば、僕はナンパブログを読みあさって、ナンパ師達の世界に強烈な憧れを感じていたんです。

 

だけど、現場に行けば声かけられない日々が続いていました。それでもナンパが出来るようになりたくて、ナンパ師達のブログを読みあさっていました。

 

「いつか自分も!!」と思いながら、ナンパブログを読んでナンパができる未来に憧ればかり抱いていたんです。

 

だけど、じっさいに街に繰り出しても声がかけられない、、、。

 

声かけられない自分が悔しくて絶望を感じながらも毎日のように街に繰り出すことを続けていたんです。

 

声かけることなく歩き続け、ベンチに座って休憩しつつ、ナンパブログを読んでナンパしたい!と思ってまた歩き続ける。

 

そんな日々を送っていました。

 

毎日のようにナンパをやりに街に出ていると、ナンパをやりに行くことが日常化してきました。

 

自宅を出るときにワクワクした気持ちになってくるんです。おそらく一歩づつ憧れのナンパ師に近づいていると思い込んでいたからだと思います。

(じっさいには声かけていないけど、、、。)

 

 

ワクワクした気持ちになりつつ、現場では声かけられなくて自分は雑魚だなと思いますが、「このままではマズイぞ!」と思ったんです。

 

そんなある日「とりあえず1人だけでいい。なんでもいいから声だけはかけよう」と思ったんです。

 

 

べつにナンパが成功しなくてもいい。シカトされてもいい。道を聞くだけでもいい。挨拶するだけでもいい。

 

ただ、声をかけることだけをしようと思ったんです。

 

 

そんな気持ちで自宅を飛び出してナンパに向かいました。

 

それから数時間後、人生で初めての声かけができました。この瞬間、晴れてナンパ師の世界に足を踏み入れました。

 

 

 

「こんな自分でもナンパができた、、、」女の子と会話すらまともにできなかった僕が女の子に声をかけたことを誇らしく感じました。

 

これまで思い悩んだ日々その全てが報われるような天にも昇る喜びと、「憧れのナンパ師に一歩近づいたんだ!」という実感。

 

その喜びは別格でした。

 

「ただ声かけただけじゃん」と感じるかもしれませんが、声かけることが物凄い恐怖だったんです。

 

その恐怖を乗り越えて立ち向かったから喜びも格別なんです。

 

そして声かけることからタイプの女の子と恋愛は始まるわけです。だから、声かけることは大きな一歩です。

 

 

僕が声かけれたのはナンパブログを通じて観た、ナンパ師達が住む世界への強烈な憧れだと思っています。

 

普通に生きていたら絶対に出会えないような美女を自力で口説いてゲットするナンパ師達とそこに至るまでのドラマ。

 

そんな世界に僕も辿りつきたいという欲望が沸々とモチベーションとなって湧き上がってきました。

 

このモチベーションが超絶非モテで臆病な僕の心を突き動かしたんです。

 

ナンパ地蔵を克服するにはモチベーションが全て

僕の経験則で言えば地蔵克服する要素はモチベーションにあると思っています。

 

地蔵克服する方法はさまざまなことが言われてますが、けっきょくは自分自身の心が動かなければ声かける行動までいかないんですよね。

 

どんなに商材やnoteでナンパのやり方を学んでも、声かけることってなかなかできません。

 

 

僕はナンパ師達に対する強烈な憧れが心を動かし、モチベーションとなって声かけることが出来ました。

 

だからこそ方法論よりも本質的にはモチベーションが地蔵克服する全てだと思っています。

 

「モチベーションを上げるにはどうすればいいんだよ!」と思われるかもしれません。

 

僕はモチベーションを上げるには「ナンパをする明確な目的とイメージ」が大事じゃないかと思っています。

 

 

明確な目的とは「何のためにナンパをするのか?」ということです。

 

 

僕の場合は、好きな子にフラれて、傷ついた気持ちに耐えられなくてナンパを始めたんですが、ナンパしてモテない自分を変えたいと思ったんですよね。

 

フラれたことがきっかけで、モテたいという目的に変わっていきました。これがナンパをする目的です。

 

それからナンパをしたことによって得られるイメージがナンパ師達のブログで観た世界です。

 

僕にとって憧れのナンパ師達が自分の理想とするモテる男の姿だったんです。

 

だから僕はナンパ師達のようになりたい!そしてナンパ師達のいる世界に行きたかったんです。

 

このような目的とイメージを抱いて心を動かされたんです。

 

ナンパ地蔵は誰でも克服できる

僕が地蔵を克服した方法を解説してきました。

 

ナンパ地蔵を克服する方法はいろいろとありますが、根本的にはモチベーションを上げて行動力を高めることです。

 

それにはナンパをする目的とイメージを明確にすることです。

 

あとは自分のやり易い方法で声かけをすればいいんじゃないかと思います。たとえば道聞きをするとかでもいいと思います。

 

まずはやり易い方法で声かけることに慣れていくといいです。