「どうして女にモテないんだろう。非モテを卒業するにはどうすればいいの?」

 

こんな悩みの解決方法を紹介します。

 

女慣れしてない非モテなことは、残念なことに実は周囲の人にはバレバレになっています。

 

とくに女の子は女慣れしていない男性の態度や仕草を見れば「この人女慣れしてないんだな!」とすぐに見抜きます。

 

そのためこの記事では非モテ感をかき消し、非モテを卒業する方法を紹介していきます。

2年前まで女の子と目を合わせることも出来なかった僕が、毎月5人ほどの初対面の女の子を口説けるようになれました。そんな僕が非モテを卒業する方法を教えます!

 

女慣れしてない男の特徴

女慣れしていない男性にはいくつかの特徴があります。

 

それは

 

  • 真面目
  • 優柔不断
  • 口下手
  • 受け身

 

このような特徴があります。

 

性格的な部分が多いですが、日頃から意識することで改善できることです。

 

そのため、1つづつ解説していきますので、自分のこととして振り返ってみてください。

 

真面目

真面目な男性はモテにくい傾向があります。

 

なぜなら真面目な男性は当たり障りがないからです。

 

どういうことかというと、真面目な男性に女の子は面白みを感じないんです。どちらかというと真面目な男性に対して女の子は身構えてしまいます。

 

身構えるということは警戒していることでもあり、なかなか心を開こうとはしません。そのため、女の子との距離がなかなか縮まらなくなってしまいます。

 

また、真面目な男性がモテにくい理由は、女の子にとって面白みを感じないからです。

 

面白みを感じないということは、女の子に当たり障りがない印象を持たれてしまいます。

 

それはつまり、女の子の心を揺さぶれないことを意味します。

 

人は笑ったり、怒ったり、驚いたり、ドキドキしたりと、心が揺れるから印象に残るんです。

 

女の子の印象に残らないということは、「どうでもいい人」としか思われません。

 

これが真面目だとモテにくい理由です。

優柔不断

優柔不断だと女の子に「この人慣れてないんだな!」と思われてしまいます。

 

そもそも優柔不断とは迷っているから起きてしまうことであり、迷うのは経験がないから迷ってしまうんです。

 

たとえば女の子とデートの経験が豊富であれば、デートのエスコートがスムーズにできるけど、デートの経験がなければ「えっと…どこ行こうか?」と優柔不断な態度をとってしまいます。

 

この時点で「この人、女とデートしたことないんだな」と思われてしまい、女慣れしていないことがバレバレになります。

 

とくに女の子はめんどくさいことが嫌なので、自分で決めたくないんです。男にスムーズに決めてもらいたいのが女の子なんです。

 

それなのに優柔不断な態度をすれば「この人はないな」と思われてしまいます。

 

デートだけでなく、女の子の前で何かを決断しなければならないときは、優柔不断な態度をすれば頼りなく思われますので、ビシッと決断しましょう。

 

女の子は決断できる男性に頼りがいを感じるし、できる男感を感じます。

 

口下手

女慣れしていない男性は女の子と何を話せばいいのか、どう接したらいいのか、わからなくて頭が真っ白になります。

 

そのため女の子を楽しませる話題が出せなかったり、沈黙してしまったりして女の子と話すことにテンパってしまうことも少なくありません。

 

テンパっていれば女の子に「この人と話しててもつまらないな」と思われてしまうし、余裕のない態度をみて「この人女慣れしてないんだな」とバレバレです。

 

女の子につまらない男と思われれば、「この人に彼女ができることはないな」と思われてしまうので、結果的に非モテなことはバレてしまいます。

 

また口下手だと女の子との会話を盛り上げたり、エスコートすることができなくて、狙った女の子を口説いて恋人にすることが難しくなります。

受け身

女慣れしていない男性は受け身なことが多いです。

 

受け身なために話したくても話しかけられない。好きなのにデートに誘えない。など積極的にアプローチができない特徴があります。

 

それによって女の子と接する機会が少なくなり、結果的に女慣れしていないことが多くあります。

 

そもそもなぜ受け身になってしまうのか。その原因は根本的に自分に自信がないからです。

 

たとえば嫌われたくないとか、フラれたくないとか、不安なことに積極的にいけないので受け身になってしまいます。

 

このような不安は自信がなくて不安を感じてしまうし、不安なことから逃げてしまうんですよね。それは全て自信がないからです。

 

つまり受け身がモテないというより、自信がないことがモテなくなる原因なんです。

非モテから卒業しよう!

女慣れしていない非モテから卒業するために最も大切なことは女慣れすることです。

 

ぶっちゃけコレしかありません。

 

とはいえ、「そんなことわかってるけど、それができなくて困ってるんだよ!!」という感じだと思います。

 

そこで女慣れすることと、非モテ感をなくすためのステップを紹介していきます。

 

  • チャライ感をだす
  • 初対面の女の子と接しまくる

 

やることは簡単でこの2つです。

 

1つづつ解説していきます。

 

チャライ感をだす

チャライ感をだすとは見た目から変えていくことです。

 

まずは髪型を今風に変えていきます。美容室にいって美容師さんに相談すれば流行を取り入れた髪型に変えてくれますので、思い切ってイメチェンしましょう。

 

「具体的にどんな風にすればいいの?」と思うかもしれませんが、短髪でツーブロックにすれば男らしく、垢ぬけた感じになるのでグッとチャラさが出ます。

 

さらにピアスをすれば一気にチャライ感じもでるので女慣れしてる感も醸し出されます。

 

服装も今風に変えれば、傍から見れば女慣れしてないようには見えなくなるし、ここまで雰囲気を変えれば周囲の人からは「あれっ?最近どうしたんだ?」と思われ始めます。

 

このように見た目から非モテ感をなくし、周囲の人からの印象を変えていきましょう。

初対面の女の子と接しまくる

見た目を変えただけで女慣れしたわけではありません。実際に女慣れする方法は女の子と接するしかありません。

 

とはいえ、今まで女慣れしていないのに、接する相手がいませんよね。

 

そこでできることはマッチングアプリで女の子と繋がりを作ることです。女慣れをするには初対面の女の子と接することが最短の方法だからです。

 

なぜなら初対面の場合、あなたのことを何も知らない相手なので、仲良くなるところから積み上げられるからです。

 

そもそも女慣れしていない場合、女の子と仲良くなることが苦手だと思います。

 

この過程を経験するには、マッチングアプリであなたのことを何も知らない女の子と接することが最も簡単で有効な方法です。

 

マッチングアプリならデートもオンラインデートもできる

マッチングアプリの便利なところはオンラインデートや電話で会話慣れもできることです。

 

これによって自宅にいながら女の子と会話慣れすることができるので、口下手の改善ができます。

 

またそこから仲良くなってデートすることでデート慣れもできるし、女の子とデートをすれば口説く経験もできます。

 

じっさいにマッチングアプリでメッセージを交わして、そのままデートに誘っても平気です。

 

僕はマジでコミュ症で非モテでしたが、マッチングアプリでめちゃくちゃ多くの女の子とデートしまくって女慣れしていきましたので、マッチングアプリは本当におすすめです。

【まとめ】女慣れしていない非モテは経験を積めば人生が変わる

女慣れしていないのは経験不足によるものであり、解決方法は女の子と接するしか方法はありません。

 

これ以外に方法はありませんし、女の子と接する経験で本当に人生はガラッと変わります。

 

これは僕の経験則からいって間違いありません。

 

たとえば僕は20歳過ぎて、女の子と付き合ったことがないし、まともに女の子と会話すらできないコミュ症でした。

 

それでもマッチングアプリで何百人とデートしまくって、始めは沈黙ばかりで気まずくなってばかりでしたが、次第に仲良くなれるようになりました。

 

その後は、出会ったその日にお泊りするようにもなりましたし、信じられないような美女を彼女にすることもできました。

 

コミュ障の非モテでも、マッチングアプリで女の子に接しまくったら人生が変わりました。

 

なので、僕が思うに女慣れしていないなら、別に周囲の女の子で慣れようとする必要はないし、マッチングアプリをコソコソ使って経験積めば平気です。

 

数か月後には現実が変わりますからね。