マッチングアプリで昼アポからのゲットはどうすればいいのか、、、。悩まれる人もいると思います。

 

昼だとお酒も飲めないし、時間に限りがある場合も多いですからね。ただ、昼も夜もゲットまでの道筋はそこまで変わりませんよ。

 

今回は昼アポからゲットしてきたので、ゲットのコツなども踏まえ、体験談を書いていきます。

 

Pairsで昼アポ体験談

今回の女の子は26歳のOLです。

 

マッチングしたその日にアポの打診してLine交換しています。マッチングしてから2日後にアポ入れてゲットという流れですね。

 

まずはプロフィールを読むと「仕事柄、なかなか出会いがありません、、、。」と書いてあるので、「仕事してるとなかなか出会いってないですよねー」とメッセージを送る。

 

すると「そうなんですよー」と返ってきたので何の仕事してるの?という話題をしていきます。

 

ちなみに僕はよくこの流れの後に、「職場はどの辺なの?」と聞きます。

 

なぜ職場の場所を聞くのかというと、「どこに住んでるの?」だと他の人と同じありきたりな質問だからです。

 

職場の場所を聞きつつ、「住んでるのもその辺なの?」と聞けば、どこに住んでるのか聞き出せます。

 

このように住んでる場所を聞くと「よくその辺で飲んでるよ!」という話題へ持って行きました。

 

ちなみにお酒が好きな子だったので、そのまま飲み打診です。

 

「仲良くなりたいから飲みに行こう!」と誘って「行きましょう!」と返事があり、すぐアポが確定しました。

 

アポの予定を経ててLine交換へ。

 

 

LINEではアポの予定を確立させて後は会うだけです。

 

 

今回は女の子に昼しか時間がないということで早い時間からのアポになってます。

 

ちなみに僕は都内に住んでるわけではないので、アポをする際は大体2か所の大きな街でアポを入れます。

 

その街でホテルが近くにあり、雰囲気の良い行きつけの店を抑えているからです。つまりゲットから逆算した流れを考えて店と場所を決めます。

 

 

この日は昼なので1件目にカフェに行きましたが、女の子に午後の予定を聞くと職場の子達と女子会というので、飲める店に移動しました。

 

ランチもやってるダイニングバーに行き、時間も早いので個室を確保してビールで乾杯。

 

ここでじっくり和みを作っていきます。

 

マッチングアプリやってる子だと、「これまでにどんな人に会ったの?」とか「付き合った人がマッチングアプリの人だった」とか良く聞きますが、この子も元カレはPairsの男のようです。

 

これで簡単に恋愛トークができます。

 

ただ、恋愛トークはしっかり和めていないと深くは聞き出せないので、まずは雑談で和んでからが必須です。

 

「どうやって和めばいいの?」と思われるかもしれませんが、ぶっちゃけ話しやすい関係になればオッケーです。

 

つまり冗談言い合えるような関係ですね。

 

 

そのためには雑談を通じて自己開示をしたり、女の子に自分のことを突っ込ませたり、女の子をからかったりして話しやすい関係になることです。

 

あとは始めの内は女の子に共感させるといいと思ってます。

 

「あー、それわかるー」と女の子に言わせるようなことを話すことです。女の子の話に共感しろ!と言われてますが、まずは共感させることが先です。

 

なぜなら女の子の話に共感するには女の子の話を聞きだせる関係にならなければ共感しようもないですよね。それには女の子に親近感を感じてもらわなければなりません。

 

そのためには共感させることが先なのです。

 

たとえばマッチングアプリならお互い共通の話題になるのでこれまで会った人の話などで共感させやすいです。

 

たとえば「すぐ身体触ってくる奴ってヤリ目バレバレだよねw」とか「キモいよねw」と言えばほぼ確実に共感されます。

 

しっかり和みを作って恋愛トークへ持ち込み、エッチにまつわるトークを真昼間からしていました、、、。

 

それにしても、この子、けっこう遊んでるなーという印象、、、。即系な匂いがプンプンしました。割といろんな男とマッチングアプリで会ってきたみたいです。

 

ちなみに「エッチの話ってどうやってすればいいの?」と思われるかもしれませんが、聞き方はいろいろです、、、。

 

たとえば今回は女の子から「どんな人がタイプなの?」と聞かれたので、僕からも「これまで付き合ってきた人はどんなタイプだった?」という話から

 

「じゃあ〇〇はドМなんだねw」という流れでエッチの話になり「すげーこと要求された?」などの話をしていました。

 

ここでは書けないけど、けっこう過激なプレイをしてきたようです、、、。

 

このような感じで話しが盛り上がっているところで「じゃあそろそろ行こうか」と言って店を出ました。

 

店を出ると手を繋ぎ、「ふふっ」と笑っていたので反応よし。そのままホテルへ向かっていきました。

 

「どーやってホテルへ連れて行けばいいの?」と思われるかもしれませんが、僕は無言のままホテルに連れて行ってシレっとホテルに入っていきます。

 

ただ、「女の子にどこ行くの?」って聞かれたらどうしようと感じるかもしれませんよね。

 

そのときは「あーこっち。もうすぐだから」と言うこともあるし、「家庭的なくつろげる飲み屋」みたいなことを言うこともあります。

 

 

大事なのは誘い方や口実ではなくて、堂々とホテルに連れていくことです。女の子はビクビク、オドオドした男とホテルに行きたくないんです。

 

それこそ「もっと〇〇と一緒に居たいから着いてきて」でもいいと思ってます。これで女の子は察しますからね。

 

それでグダられてダメだったら、和めていないことが原因です。その場合はもう1件挟んで和みを作ってから再度打診しましょう。

 

昼アポでゲットのまとめ

昼アポも夜のアポもゲットするためにやるべきことは別に変わりません。

 

ただ、店選びが変わるくらいです。それによってホテルではなく、ネットカフェやカラオケ、もしくは自宅などの方がゲットへ持ち込みやすくなる場合があります。

 

昼だとホテル近くの飲み屋が使えないことがありますから。

 

とはいえ、しっかり和んで、関係性を縮めてゲットするという流れ自体が変わるわけではないです。また昼アポの方がアポ取りやすいこともあると思います。

 

だからガンガンアポの打診はしていきましょう。

 

僕が今回ゲットしたPairsの詳しい説明はこちらの記事で解説しています。

 

ps

今回の子はグラマラスな身体で楽しませてもらいました。

 

ただ、僕の体調が悪かったのが残念で、ササッと済ませてすぐ解散してしまいました、、、。

 

アポ入れた日に僕の体調が悪くなり、急ピッチで回復させてきたのですが、万全にはならず、、、。咳したりしてるとエッチできないことがあるので体調管理もしっかりしなくてはですね、、、。