「ペアーズとwithはどっちが出会える?」「この2つは何が違うの?」

 

ペアーズもwithも人気のマッチングアプリなので、この2つの違いがわからず、自分にはどっちがいいのか悩まれる人もいることでしょう。

 

マッチングアプリには、それぞれ自分に向き、不向きもあるので、自分に合ったマッチングアプリを選ぶことが大切です。

 

この記事では

 

マッチングアプリを使い続けて2年。
これまでに数百人の女の子と出会ってきた僕が、あなたにベストなマッチングアプリが選べるように解説していきます。

 

この記事を読むことで、あなた好みの可愛い女の子と出会い、恋愛関係になるための、あなたにベストなマッチングアプリが見つかるはずです。

 

【結論】ペアーズとwithどっちを選べばいいか。

おそらく、あなたが一番気になっているのは「ペアーズとwithならどっちが出会えるか?」だと思いますので、始めに結論から言っておきます。

 

  • 20代で恋人探しならwith
  • 30代以降ならペアーズの方がおすすめ
  • マッチングアプリでなかなかマッチングできなかったならwithがおすすめ
  • 地方に住んでいるなら圧倒的にペアーズ
  • 婚活したいならペアーズ

 

ペアーズとwithどっちを選べばいいのか迷ったら、上記の判断で選んだら出会いに繋がりやすいです。

 

その理由については、それぞれの特徴を踏まえてこれから解説していきます。

 

 

ペアーズとwithの比較

ここからペアーズとwithの特徴について解説していきますね。

 

主に以下の違いを比較していきます。

 

  • 会員数
  • ユーザーの年齢構成
  • ユーザーの利用目的
  • 機能の違い

 

ペアーズとwithの特徴を知ることによって、あなたがマッチングアプリを使う目的に対してどちらがベストなのかわかると思います。

 

たとえば、単純に遊び相手がほしいのか?セフレがほしいのか?恋人がほしいのか?婚活したいのか?その目的は人それぞれだと思います。

 

単純に出会いやすさだけではなく、マッチングアプリにいる女の子にもそれぞれ利用目的があるので、あなたの目的に合ったマッチングアプリを選ぶことが大切です。

 

そのためにも、それぞれのマッチングアプリの特徴を詳しくみていきましょう。

 

会員数はペアーズが圧勝!!

 

会員数 1日の登録者数

ペアーズ

1000万人 約7000人

with

250万人 約2000人

 

 

会員数ではペアーズの方が圧倒的に多いです。

 

ペアーズは7年前に始まり、withは4年前に始まりましたので、ペアーズの方が会員数が多いのは当然ですが、その差は歴然ですね。

 

首都圏ではwithでも充分に出会えますが、人口の少ない地方ではなかなか厳しいです。

 

たとえば、人口が最も少ない鳥取県の登録数を比較すると以下のようになります。

 

ペアーズ

with

合計 6900人 1300人
男性 5300人 900人
女性 1600人 400人

 

地方でもペアーズなら充分な人数がいるので出会えますが、withではかなり厳しいです。そのため、地方なら会員数が多いペアーズの方がぜんぜん出会えます。

 

僕は地方に数日間行くことがあるのですが、そのときはペアーズで現地の子とデートしてます。

 

余談ですが、僕はもともと非モテだったので、恋愛にコンプレックスを持っているんです。そのため、できる限り女の子と出会える機会を作ろうと思っていて、地方に行ったときの空き時間でもマッチングアプリで女の子と出会いを作っています。

 

女の子にとって魅力的な男になりたいし、魅力的な男になるには経験積むしかないと思っているからです。

 

そういった点で僕は何処にいても出会いが作れるペアーズが気に入ってます。

 

【結論】人口の少ない地方に住んでいるならペアーズがおすすめ!!

 

ユーザーの年齢層はwithが若い(20代が多い)

続いて、ペアーズとwithのユーザーの年齢層を比較していきます。

 

ユーザー全体の年齢層が低いのはwithです。

 

ペアーズとwithの【男性の年齢層】の割合はこうです。

 

【男性の年齢層】

年齢

ペアーズ

with

18~24歳 23% 34%
25~29歳 26% 31%
30~34歳 16% 15%
35~39歳 11% 8%
40~44歳 9% 5%
45~49歳 7% 4%
50歳以上 9% 3%

 

続いて、ペアーズとwithの【女性の年齢層】の割合はこうです。

 

【女性の年齢層】

年齢

ペアーズ

with

18~24歳 25% 33%
25~29歳 34% 35%
30~34歳 20% 17%
35~39歳 10% 8%
40~44歳 6% 4%
45~49歳 3% 2%
50歳以上 2% 1%

ご覧のようにwithは20代前半が多くて、30代後半から一気に少なくなっています。

 

そのため、30代後半でwithは正直厳しいかなと思います。

 

婚活するならペアーズ

ユーザーの年齢層からわかることは、withは20代が中心であり、婚活目的ではなく、恋人がほしいユーザーが多いことです。

 

ペアーズは幅広い年齢層のユーザーがいるので恋人探しもできるし、婚活にも向いています。なので、婚活したいならペアーズです。

 

また若い人中心のwithでは30代後半になるとウケもよくないし、30代後半のユーザー数も少ないので出会い難いです。

 

このことから、withは20代の出会いに適しているし、30代ではペアーズの方が出会いやすいです。

 

ペアーズとwithの機能を比較

ペアーズもwithもほんとに出会える評判のいいマッチングアプリです。

 

では、出会えるためにペアーズとwithはどのような機能があるのか解説していきます。

 

withの大きな特徴!メンタリストDaiGo監修の性格診断

 

withが他のマッチングアプリとは違う大きな特徴がメンタリストDaiGoさんが監修の診断です。

 

これはDaiGoさんが監修した機能で、アプリ内で自分の性格を細かく分析してもらえます。分析した結果、自分と相性の合う相手が表示されます。

 

この機能によって「今まで他のアプリではぜんぜんマッチングしなかったけど、withならマッチングできた!」という人が多いのがwithの特徴です。

 

なぜ診断機能があるだけでwithはマッチング率が高いのか。

 

それは定期的に診断イベントが開催され、このイベントでは相性の合う相手に対して無料で「メッセージ付きのいいね」が送れるからなんです。

 

これがかなりマッチング率が高いんです。

 

女の子も診断を受けているのでアクティブなユーザーだし、「相性が良い」という理由によって安心してマッチングします。

 

とくに男性で「外見に自信がなかったけど、withなら想像以上にマッチングする!!」と驚かれる人が多いです。

 

ほんとに!?と思われるかもしれませんが、そもそもwithは性格診断や相性がウリのマッチングアプリなので、男女共に内面重視なユーザーが多いんです。

 

 

またwithは他のマッチングアプリと比べて、女の子からいいねが送られてくることが多いです。その理由は診断によって相性の良さがわかるからです。

 

さきほどもいったように、そもそもwithのユーザーは内面重視の傾向があるので、相性が合う人だからいいねが付けやすいんですね。

 

この診断機能こそがwithにしかない大きな特徴です。

 

メンタリストDaiGoからアドバイスがもらえる

メンタリストDaiGoさんが監修だけあって、もう1つのwithの特徴がプロフィール作成や、メッセージの送り方にDaiGoさんからアドバイスがもらえることです。

 

マッチングしやすくなるプロフィールのアドバイスが届いたり、マッチングして女の子とメッセージをしているときに、相手のプロフィール内容からどんな話題をしたらいいかアドバイスが届きます。

 

ちなみにメッセージのアドバイスに関しては性格診断に基づいたものなので、なかなか的確です。

 

このDaiGoさんのアドバイス機能はマッチングアプリ初心者や、メッセージが苦手な人にとってはとても助かる機能ですね。

 

 

趣味や価値観で繋がるペアーズのコミュニティ機能

ペアーズの大きな特徴がコミュニティ機能です。

 

ペアーズには10万種類のコミュニティがあり、自分を表すコミュニティに所属することができます。

 

コミュニティの種類はほんと様々で、主に【性格や趣味、価値観や職業】などのコミュニティが存在します。

 

たとえば「お酒が好き」、「年上が好き」、「甘えるのが好き」、「看護師してます」、「アニメが好き」、「映画が好き」というように、趣味から職業、性格や好みなどほんと様々です。

 

これらのコミュニティに所属することで、共通点が見つけられるし、同じ感性、価値観の相手を探すことができます。

 

僕は自分の好みの子がいそうなコミュニティに所属するし、お酒が好きなのでお酒好きな子と出会えるコミュニティに所属しています。

 

またコミュニティに所属することで、女の子も共通点を感じていいねを送ってくるのでマッチングしやすくなります。

 

withにしてもペアーズにしても、やはり共通点や相性が合うと感じられるとマッチング率が高まりますね。

 

ペアーズのコミュニティは必ず利用した方がいいです。

 

ペアーズの距離検索がマッチング率高すぎる

ペアーズの検索機能は他のマッチングアプリと比べても細かく条件を絞り込めるのですが、何よりも距離検索が抜群にいいです。

 

現在地から10Km以内で検索すれば市内の女の子を探し出せるし、僕は近所の子と出会いまくっています。

 

ペアーズにいる女の子は真剣な恋人や婚活目的なので、近くってだけでかなりマッチング率が高まります。

 

というのも、やはり付き合ったときのことを考えているので、会いたいときに会える距離ってだけでポイント高いんですよね。

 

僕も遠くの子とデートするのがめんどくさいので、30Km以内の子としかマッチングしないようにしています。

 

この距離検索によって遠くの子は避けることができるので、「せっかくマッチングしたのに遠すぎてなかなか会えない」ってことがありません。

 

 

ペアーズとwithの共通点は【好みや相性が合う相手】と出会える

ペアーズは「コミュニティ」、withは「診断」によって、それぞれ自分に合った相手が見つかるマッチングアプリになっています。

 

ペアーズもwithもこれらの機能によって理想的な相手とマッチングさせることに力を入れた優れたマッチングアプリだと僕は感じています。

 

ユーザーにステキな出会いを届けるマッチングアプリの役割を果たしていますよね。

 

そのマッチングアプリとしてのスタンスが人気の証拠なんじゃないでしょうか。

 

あなたにベストなマッチングアプリ

ペアーズとwithを比較してきましたが、結局どちらも評判通りのいいマッチングアプリです。

 

どちらのマッチングアプリを選べばいいのかは、あなたの目的や環境によって異なります。

 

冒頭でお伝えしたように

 

  • 20代で恋人探しならwith
  • 30代以降ならペアーズの方がおすすめ
  • マッチングアプリでなかなかマッチングできなかったならwithがおすすめ
  • 地方に住んでいるなら圧倒的にペアーズ
  • 婚活したいならペアーズ

 

このように選んでもらって問題ないです。

 

どちらもマッチングアプリ初心者向けだし、どちらも可愛い子が多いです。

 

それぞれの強みは

 

 

withは20代の恋人探しに強い。

ペアーズはその会員数の多さから、どの年代でも出会いがあり、恋活から婚活までできることです。

 

 

婚活と地方ならペアーズ一択です。