「好きな子がいるけど何もできない、、、。」「好きな子に自信を持って口説けるようになりたい、、、。」

 

過去の僕は好きな子に何もできずに悔しい思いばかりしてきました。

 

「好きな子がいるのに何もできない自分が悔しかったんです。」

 

だからこそ、好きな子に積極的になれない人の気持ちが痛いほどよくわかります。

 

本当はアプローチしたいけど、嫌われたくないとか、振られるのが怖いんですよね、、、。

 

誰だって傷つきたくないですから。

 

この記事では自信がなくて好きな子に積極的になれない悩みに答えます

 

過去の僕は自分に自信がなく、好きな子に何もアプローチができなかったんです。なんども好きな子が他の男と付き合っていくことに嫉妬で心を掻き回されてきました。

 

その経験から僕は「好きな子と付き合える男になろう!」といろいろな経験を積んできました。その経験を踏まえて解説していきます。

 

恋愛に積極的になれない理由

僕が好きな子に積極的になれなかった理由は自分に自信がなかったからです。

 

自信がないから「好きな子と何話せばいいのかわからない、、、」「嫌われたらどうしよう、、、」など考えてしまい、積極的になれなかったんですよね。

 

このように自信がないと人間って安全を求めてしまいます。安全とは何もしないことです。

 

でも、安全を選んでしまえば何もしないんだから、本音の「好きな子と恋愛する」ことは当たり前ですができません。僕は何もしないことを選んできたから後になって感じたことがあります。

 

それが後悔です。

 

さきほどもお伝えしたように、僕は何もできない自分が悔しかったんです。そして何もできない自分であることに後悔しました。

 

「なんでこんなに臆病なんだよ」「なんで今まで逃げ続けてきたんだよ」というように、、、。

 

後悔して僕は自信がないのは、今まで安全を選んで逃げてきたからだと思ったんです。逃げている限り好きな子と恋愛なんてできないし、自分に自信を持つことなんてありません。

 

だから僕は「このままではずっと好きになった子と恋愛なんてできない、、、」と思ったんです。

 

 

そんな人生ぜったいイヤだなと思いました。だからこそ逃げ続ける人生を終えて、自信のある自分になろうと思ったんです。

 

自分に自信を持つためにしたこと

自信がないなら、小さな成功体験を積み重ねることです。

 

これが自信を作る方法です。

 

 

超絶非モテで、まったく自分に自信がなかった僕が、自信を付けるためにしてきたことは、理想に向かっていったことです。

 

どういうことか詳しく解説していきます。

 

僕は過去に一度だけめちゃくちゃ好きな子にアプローチしました。でもその女の子に「彼氏がいるから」と言われ、失恋したんです、、、。そのときはめちゃくちゃ凹みました。惨めで、虚しくて、悔しくて、、、。

 

そして好きな子のことが忘れられなくて辛かったんです。寝ても覚めても好きな子のことが吹っ切れない。振られても好きな子への気持ちが冷めやらない。

 

それほど好きだったから振られて猛烈に凹んでました。だからこの辛い気持ちを断ち切るためにストリートナンパやマッチングアプリを始めたんです。

 

 

ストリートナンパとマッチングアプリでたくさんの女の子に出会いました。でも、はじめは女の子と何を話せばいいか解らず、頭真っ白になってました。

 

僕はまったく女慣れしていなかったから何を話せばいいのか解らず、会話がままならない状態でした。

 

それでも辛い気持ちを吹っ切るために女の子と出会いを作りました。色んな女の子と会っていれば、きっと好きな子のことを忘れられると思っていたからです。

 

女の子と出会い、なんども女の子と接するうちに少しづつ女の子と話せるように変わってきました。

 

女の子を楽しませて笑顔にさせたり、話が2分しかできなかったのが、気付けば30分、1時間と盛り上がりながら話せるように変わっていきました。

 

女の子と話せるようになると女の子とデートする頻度が上がっていきました。デートの頻度が上がると次は女の子とホテルに行く回数が増えて経験人数が増えていきました。このときには自分に少し自信を感じていました。

 

自分の力で女の子を抱けたことに。

 

次に僕はより可愛い子との出会いを求めていきました。可愛い子と出会うようになると、可愛い子とホテルへ行くことを望みました。

 

このときに気づいたんです。

 

僕は自分の力で好きな女の子を手に入れられる男になりたいんだって。

これが僕の理想の姿でした。

 

 

ほんとに好きになった女の子を手に入れるためには、好きな子をメロメロに魅了する男にならなきゃいけないなって思ったんです。

 

そのためには自分磨きです。

 

つまり理想の姿を目指せば、自分磨きするしかないんです。それには努力が伴いますよね。

 

努力が伴わないことは多分、理想にはならないからです。

 

努力するということは小さな成功体験の積み重ねになります。少しづつ理想の姿に近づいてる実感が自信を生み出しているんです。

 

これが自信の作り方であり、自分に自信がなかった僕が変わった方法です。

 

自信がないのなら理想の姿を思い描き、そこに向かって進むことです。

 

【重要】理想の自分になるメソッド

ここでは非モテの僕が辛く、度胸のいるナンパをして自分を奮い立たせてきた方法を解説していきます。

 

まず紙とペンを用意して、僕はなぜナンパをするのか、その理由を書き出しました。

 

このときにポジティブな理由とネガティブな理由をそれぞれ考えたんです。

 

人が行動を起こす理由はポジティブな理由だけではなく、ネガティブな理由も強い衝動になるからです。

 

たとえばなぜ僕がナンパをしなければならないのか?

 

ポジティブな理由だと、【可愛い彼女を人生のパートナーにしたいから。】

 

ネガティブな理由だと、【死ぬ直前に恋愛してこなかったことに後悔するから】

 

とかですね。

 

他にも

 

ポジティブな理由だと、【誰もが羨むような超絶美女を彼女にしたいから】

 

ネガティブな理由だと、【誰から見ても非モテなおっさんになるのが絶対にイヤだから。】

 

こうなりたい!というポジティブな理由と、こうなりたくない!というネガティブな理由を10個紙に書き出したんです。

 

そして大事なことが10個の理由を暗記することです。

 

人が目標達成できない原因は忘れてしまうからなんですよね。だから忘れないために紙を見える所に貼っておくことと、暗記することなんです。

 

 

このように自分が本音で思う明確な動機を10個紙に書き出して暗記したんです。

 

これによってふとした時に、理想に向かって動き出さなきゃ!と思うようになったんです。

 

この積み重ねによって僕は自信をつけていきました。

 

女の子に接して自信をつける

 

女の子に自信がないのなら、女の子に慣れていくことです。

 

きっとあなたの望みは好きな子を彼女にすることなはずです。
それには女の子の口説き方を覚えることと、たくさんの女の子を口説いて経験を積むしかありません。

 

なぜなら人の魅力を高めるには経験の積み重ねしかないからです。どんなに知識だけを吸収しても、それでは表面的にしか人は変われせん。

 

たとえばサッカーの解説者はサッカーの知識が豊富にありますが、サッカーがプロ並みに上手いか?と言えばそんなことありませんよね、、、。

 

もしプロ並みにうまければ解説者ではなくプロになってますから。

 

つまり知識は経験を積まなければ活かせないんです。

 

だから知識として女の子の口説き方を覚え、たくさんの女の子を口説く経験を積みあげることが魅力的な男に変わっていくんです。

 

そうすれば好きな女の子をメロメロにする魅力的な男になれますよ。

 

 

僕はストリートナンパとマッチングアプリによってたくさんの女の子と出会い、経験を積みあげていきました。

 

女の子と出会い、得た知識によって口説き続ける内に非モテの僕でも自分の力で女の子を抱くことが出来るようになったし、経験を積みあげることで、考えられないような可愛い子を抱くようになりました。

 

 

超絶非モテだった僕が、日本人の生涯経験人数の平均を超えるくらい女の子を抱いて、考えられないような可愛い女の子と恋愛するように変われました。

 

だから確信していることが、誰でも好きになった女の子を手に入れられるような男になれるということです。

 

まずは自信を付けるためにも、たくさんの女の子と出会い、経験を積んでいきましょう。

 

経験の積み重ねが自信になるし、失敗の積み重ねが成長になるからです。

 

マッチングアプリなら自宅にいながらでも、女の子と繋がりが作れるので、手軽に行動に移せると思います。

 

マッチングアプリの比較記事はこちら